建築工事代金保全・回収のスペシャリスト│司法書士Wing

Wing

建築工事代金の回収に苦労していませんか?

工事代金の回収を確実に!

工事代金保全のスペシャリスト 司法書士法事Wing

建築会社の悩み

  • 工事代金回収を確実にしたい・・・
  • 工事代金保全方法があると聞いたが良くわからない・・・

こんなお悩み解決いたします

司法書士Wingお問合せ

司法書士法人Wingオフィシャルサイトはこちら

建築工事代金保全登記に関する提案書はコチラから!

お問合せは、コチラ!

こんな貴社の悩み解決いたします!

  1. 建物が完成すると、建物表示登記を申請するために、登記必要書類を工事代金保全をすることなく渡している。
  2. 工事代金を受領する前に建物に担保が設定され、名義が第三者に変更されている場合がある。
  3. 工事代金を手形で受け取った場合、期日に決済されるか不安である。

Wingならスッキリ解決!

法律を上手に利用して建築前に工事代金を保全しましょう!

不動産工事の先取特権の登記

解決ポイント!

工事代金の受領と同時に工事の先取特権登記を抹消できる。

建物表示登記に必要な書類を渡しても工事代金の保全が可能である。

所有権保存登記や抵当権設定登記が、申請されても事前に保全ができている。

増築工事の場合、先に登記した抵当権にも優先する。

司法書士Wingお問合せ

司法書士法人Wingオフィシャルサイトはこちら

建築工事代金保全登記に関する提案書はコチラから!

お問合せは、コチラ!

申請の流れ

司法書士法Wingに事前登記依頼書を送付(FAX)してください!

工事請負契約書(原本の写し)をメールもしくはFAXで預かります。

設計図面キャド各階平面図をメールにてご送付ください。(法務局に提出する図面を作成します。)

登記必要書類及び、建築確認通知書を預かります。

法務局への申請。(申請後、約14日で登記が完了します。)完了後、工事着工。

工事完成時、建物表示登記と建物保存登記を申請します。完了後、工事代金の決済をします。

工事代金決済

司法書士Wingお問合せ

司法書士法人Wingオフィシャルサイトはこちら

建築工事代金保全登記に関する提案書はコチラから!

お問合せは、コチラ!

■司法書士法人Wing 沿革

昭和63年11月
司法書士 桐畑事務所 開業
平成07年04月
司法書士 桐畑合同事務所 名称変更
平成18年12月
司法書士法人 桐畑合同事務所 設立
平成20年02月
東京事務所 開設
平成20年06月
大阪事務所 開設
平成20年08月
司法書士法人 Wing 名称変更
平成27年05月
北関東オフィス開設

▲このページの先頭へ